似合わない色を着る時は、首回りに似合う色をプラス

「似合わない色は、着てはいけないんですか?」

時々、このような質問を受けます。

似合わなくても好きな色、着たいですよね。

似合わない色でも、基本的にボトムスや小物(バッグなど)で使う分には問題ありません。その時は、できるだけ似合う色と組み合わせるようにしてみてください。

そして、似合わない色をトップスで着たい時は、首回りに似合う色を持ってきましょう。

黒が似合わない

みなさん、似合う色・似合わない色・普通かなという色、いろいろあるかと思います。

わたしは、黒が似合いません。

黒は、みんなが似合う無難な色だと思っている人も多いかもしれません。
だけど、黒は色の中で一番暗い色です。暗い色は顔を暗く見せます。また、重く硬い印象を持つ色でもあります。
人によっては、老けて見えたり、お顔の法令線やあらを強調してしまう怖い色です。
ちなみに、黒を着た時に、地味にならず、むしろ華やかに見える人が黒が似合う人です。
あなたはどうですか?

そんなわたしが、黒を着た写真がこちら。

(正直に言っておくと、スッピンですが美肌補正はしています・・・。)

ここで比較のために、他の色を着た写真も載せておきます。

全然、印象が違いますね。
この2枚からもわかるように、わたしは暗い色よりも明るい色の方が似合います。

首回りに似合う色をプラス

さて、黒を着ただけでは、なんだか冴えないので、似合う要素を足してみましょう。

明るい色=白を足したのがこちら。

明るい色のストールを巻いたのがこちら。

最初の写真と、随分印象が変わりました。

メイクも明るい色で

メイクで明るさや血色感をプラスすることもできます。

最初の写真と比較してみましょう。

パーソナルカラー診断で大事なこと

パーソナル診断では、似合う色と、似合わない色が分かります。(ちなみにベストではないけれど、普通に使える色もたくさんあります)
そして、大事なのは単に「青が似合う」「赤が似合う」ではなく、青ならどんな青が、赤ならどんな赤が似合うかということです。

明るい青は水色です。暗い赤はワインレッド。
水色が似合う人はパステルカラーの中に、他にも似合う色があるかもしれません。
ワインレッドが似合う人は他にも似合うダークカラーがあるかもしれません。
また、自分の肌のベースカラーが、イエローベースなのかブルーベースなのか、それともニュートラルベースなのか知っていると、色を選ぶときの選択肢が広がります。

例えば首回りにプラスするための、水色のスカーフやアクセサリーがなくても、他の色で代用できる。そんな知識を身につけられるのが、パーソナルカラー診断です。

もし、あなたがパーソナルカラー診断を受けたことがあるのなら、ぜひ、その知識を活かしてファッションに取り入れてみてください。

パーソナルカラー診断を受けたことがない人は、自粛期間が終わったら、ぜひ診断を受けに来てくださいね。

また、パーソナルカラー診断を受けていなくても、
「なんだかこの服を着ると、顔色が悪く見える」
「好きな色だけど、似合ってないような気がする」
と、感じたら、首回りに似合う色をプラスしてみてください。

関連記事

  1. 知らなきゃ損? コーディネートに役立つ配色の基本

  2. 永遠の憧れ? パリジェンヌスタイルについて考えてみた

  3. 今年こそおしゃれになりたいあなたが今やれること

  4. スペインのブランド、あなたはいくつ知っていますか?

  5. あなたは大丈夫? 薄着の季節に見直したい下着のこと

  6. ミニマリストYOUTUBERに学ぶワードローブの作り方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。