パーソナルカラー診断は、どんな人が受けますか?

先日お客様から、「わたしみたいな主婦が来ていいのかと、申込前に悩みました」「いろはさんが親しみやすい人で安心しました」と、お声をいただきました。

パーソナルカラー診断は、限られたセレブの人のためのサービスではありません。これまで来られたお客様の職業は、主婦をはじめ、学生、会社員、自営業(美容師、講師など)、保育士、看護師、と、様々です。
お悩みだって人それぞれです。ファッションが苦手な人・昔はおしゃれが好きだったけど、子育てしている間にわからなくなってしまった人・似合う服がないと思っている人・色が好きでもっと知りたい人・・・。
詳しくは事例紹介を読んでみてくださいね。

美容院に行くのに、「わたしは普通の主婦だから行けない」とか、「おしゃれじゃないと行けない」とか、そんなことはないですよね。むしろ、身嗜みを整えたいとか、おしゃれに見せたいとか、そういう理由があって行くところです。
パーソナルカラー診断もそれと同じだと思ってください。

そしてわたしは、びっくりするくらい普通の人です。
残念ながら、カリスマとかセレブではありません。むしろ、親しみやすさが売りです。

かつて、わたし自身がそうだったんですけど、お洋服を買いに行った先で、店員さんがあまりにおしゃれでクールだと、近づきがたいことってありませんか?
また、習い事などの先生があまりに完璧すぎても、「こんな初歩的な質問したら怒られそう」と、萎縮してしまいませんか?
この仕事を始める時に、「わたしの良さってなんだろう?」と、考えたんですけど、「親しみやすい、話しかけやすいところじゃないかな?」と、思いました。実際、歩いていてよく道を聞かれます(方向音痴です)。
なので、色やおしゃれについて、いろいろ知りたいことがある人は、どんどん質問してください。

また、美容院とか病院もそうだけど、初対面の人にいろいろ話さなきゃならないのって、緊張される人もいると思います。
わたしも実は人見知りなんですよ。人見知りだど、がんばって喋っています(お客様は頑張らなくてもいいです)。なので、安心して来てください。
おしゃれの話以外に、趣味の話などもたくさんします。おしゃれって生活じゃないですか。ライフスタイルによって、取り入れかたも違うからです。同じ色や素材が似合う人がいたとしても、その人が何をしてるかで、着るものは変わります。
意外なところで共通点のあるお客様も多くて(元吹奏楽部とかライブや舞台が好きとか)、毎回どんな人に会えるのか、楽しみにしています。

帰り際に、「勇気を出して来てよかったです」って、言ってくださる人は多いです。
パーソナルカラー診断に申し込むのって、人によっては、まだまだハードルが高かったり、勇気がいることなんだな、と、思います。
できるだけそのハードルを低くしたいな、と、この記事を書きました。

もし今、「わたしなんかが受けていいのかしら」と、迷われている人がいたら、思い切ってご連絡くださいね。

関連記事

  1. わたしのショッピング同行

  2. 45歳、色の先生が雑誌をつくった理由

  3. 4月5月のお申し込みについて

  4. 「忙しくてもおしゃれでいたい」ある女性経営者の悩み

  5. お申し込みについて(9月・10月)

  1. 2021.09.15

    お申し込みについて(9月・10月)

  2. 2021.09.12

    試着はめんどくさい? 試着せずに買うメリットとデメリット…

  3. 2021.09.07

    パーソナルカラー診断は、どんな人が受けますか?

  4. 2021.09.01

    とっっておきの1枚、ありますか?

  5. 2021.08.25

    色が変わるとイメージが変わる〜色を使いこなしてセンスアッ…

  1. 2021.06.17

    特別企画 お客様インタビュー:ショッピング同行編

  2. 2021.02.12

    似合うのはどちら? パーソナルカラーは、あなたの魅力を引…

  3. 2020.01.05

    脱マンネリ!小物でコートの印象を変える方法

  4. 2019.06.21

    夏でも着痩せ! 着痩せしたいあなたのための今すぐ着痩せす…

  5. 2019.06.17

    永遠の憧れ? パリジェンヌスタイルについて考えてみた

MTWTFSS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

お問い合わせはこちら