服はあるのに、着る服はない! そんなあなたに今すぐやってほしいこと

クローゼットに服はたくさん入ってる。でも、明日着ていく服がない!

そんなお悩みはありませんか?

ちなみに、女性のクローゼットに入ってる服の量の平均は、150枚程度だそうですが、年齢が上がるほど減っていく傾向です。
あなたのクローゼットに服は何枚入ってますか? 数え切れない程ですか?

今日はそんなあなたに、今すぐやってほしいことをまとめてみました。

1.買うのをやめて持っているものを活かす

すでに、服が十分あるのに、活用できていない人は、まず、買うのをやめましょう。なぜなら、同じようなものをすでに持っていることが多いからです。

家にある服を全部出してみると、「同じようなデザインの白いシャツが5枚もある」とか、「同じようなニットを去年も買ってた・・・」と、いうことが判明しますよ。

まずは、全部出して、要・不要に分けます。

服を捨てるのが苦手な人は、捨てなくてもいいので、「今着ているもの」と「その他」に分けてみましょう。
そして、今着る服をクローゼットの取り出しやすいところに、そうでないものは奥や、別の場所にしまいます。物理的に着られない服は思い切って処分してくださいね。

残したものの中で、コーディネートを作ります。
コーディネートは実際、着てみながらやるのが一番効率がいいです。これまでしたことのない組み合わせも、どんどんしてみましょう。
服の量が多い人は、持ってるものだけで、無限にコーディネートが作れます。
忘れないように写真に撮っておいてもいいですね。

これで、朝、クローゼットを開けて途方に暮れることはなくなるはずです。

2.一軍だけのクローゼットを作る

クローゼットの中を少数精鋭だけにしたい人はいませんか?

そんな人は、次のステップに進みましょう。

まず、最初のステップで、服を要不要に分けました。穴のあいたソックスや、毛玉だらけのニット、大昔に買ってサイズが合わなくなったスカートなどは、もうないはずです。
そして、残したものの中で、今着るものでコーディネートを作りましたね。

では、そのまま1ヶ月くらいを過ごしてみてください。
そして、1ヶ月後、本当に着た服だけ、クローゼットに残しましょう。

もしも、他に収納場所があるなら、クローゼットを一度空っぽにして、着た服だけを戻すというやり方でもいいです。
意外と、同じ服ばかり着てませんか?
着心地がいいとか、似合うと褒められたとか、自分にとって快適な服があるはずです。

着た服だけを残すようにすると、本当に着る、一軍の服だけのクローゼットが完成します。
クローゼットを少数精鋭にすると、出し入れが楽で、頭の中もスッキリしますよ!

残す服がなかったり、似合う服がわからなかった人は、ショッピング同行へ。

 

おしゃれのいろは LINE公式アカウント
ご質問もお気軽に

関連記事

  1. オンラインミーティングで好印象に見せる方法

  2. 白シャツとデニム、どう着たらおしゃれ?

  3. 守れ自分!老化を防ぐ紫外線対策

  4. 服を買いに行く前に!働く女性のファッションはコンセプトが大事…

  5. 脱マンネリ!小物でコートの印象を変える方法

  6. 「この服まだいける?」 迷ったときにしてみたらいいこと

  1. 2024.05.22

    お客様に聞いた パーソナルカラー診断を受けて良かった事

  2. 2024.05.19

    簡単!服の選び方でスタイルアップする4つの方法

  3. 2024.05.15

    6月までのお申し込みについて

  4. 2024.05.11

    運動嫌いのアラフィフが、半年間カーブスに通った結果

  5. 2024.05.08

    GWのお出かけ・福田平八郎展へ

  1. 2022.06.30

    服を買いに行く前に!働く女性のファッションはコンセプトが…

  2. 2022.06.15

    センスに自信がない人は、シンプルなものを選ぼう

  3. 2021.11.30

    ショッピングに行く前に、知っておきたいおしゃれ迷子なあな…

  4. 2021.11.10

    「似合う」の先に「おしゃれ」がある。似合うものがわかると…

  5. 2021.06.17

    特別企画 お客様インタビュー:ショッピング同行編

MTWTFSS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

お問い合わせはこちら