事例紹介 Hさま(40代)

ベストカラーに選んだイエローとピンクは、「子供の頃好きだった色の組み合わせです!」と、喜んでくださいました。
そんなこともあるんですねー。

Hさまは、好きな色や柄と似合う色や柄が同じでした。フェミニンなものがお似合いです。
パーソナルカラーをファッションやメイクにぜひ取り入れていただきたいです。
好きなものと似合うものが同じ人は、あまりおしゃれに困ることはありません。
違う場合は、ちょっとどうしたらいいかわからないですよね。
そんな時は、あなた自身が、
・好きなファッションでなきゃ取り入れられない
・好きなものより他者目線から見て似合うものを優先したい
・他者目線も取り入れつつ、好きなファッションも楽しみたい
この中で、どれが理想かを考えてみてください。
例えば、仕事できる服は、他者目線を取り入れた方がいいかもしれません。
でも、休日なら、好きなものを着て楽しむというのも、おしゃれの楽しみです。
パーソナルカラーやパーソナルスタイルの診断は、あなたのファッションを狭めるものではありません。むしろ、広げるものだと思っています。

関連記事

  1. 事例紹介 Yさま(30代)

  2. 「ネット購入ばかりの私でも試着して納得して購入できるならとお…

  3. 服に自信がないと、自分に自信がなくなる。あるお客様の話。

  4. 漫画でわかるショッピング同行

  5. 助けて!くすみカラーが似合わない:おしゃれのいろはチャンネル…

  6. ユニクロのワンピースがお値段以上に見える!その訳は? 事例紹…

  1. 2022.01.16

    お申し込みについて

  2. 2022.01.07

    これからセールに行く人は、これを読んでから行ってください…

  3. 2021.12.17

    服はあるのに、着る服はない! そんなあなたに今すぐやって…

  4. 2021.12.08

    丸顔だけれど着たい!ハイネックセーターの似合わせ

  5. 2021.12.06

    カラーリストがこの冬してみたい配色コーディネート

  1. 2021.11.10

    「似合う」の先に「おしゃれ」がある。似合うものがわかると…

  2. 2021.06.17

    特別企画 お客様インタビュー:ショッピング同行編

  3. 2021.02.12

    似合うのはどちら? パーソナルカラーは、あなたの魅力を引…

  4. 2020.01.05

    脱マンネリ!小物でコートの印象を変える方法

  5. 2019.06.21

    夏でも着痩せ! 着痩せしたいあなたのための今すぐ着痩せす…

MTWTFSS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

お問い合わせはこちら