「この服まだいける?」 迷ったときにしてみたらいいこと

毎日見てるものって、古くなってきたかどうかのジャッジが難しいと思いませんか?

ショッピング同行のお客様に、ご自分の持ち物の写真をみせていただきます。
そうすると、打ち合わせ中に、「これはもうやめておきます」と、仰れることがあります。

そう。写真に撮ると、客観的に見ることができるんです。

なんとなくくたびれてきたような気がするシャツ。
長年履いているサンダル。
デザインが古いかもしれないワンピース。

「これ、まだいけるかな?」と、迷った時には、写真に撮ってみましょう。

関連記事

  1. スカーフを巻いたほうがいい5つの理由

  2. 色が変わるとイメージが変わる〜色を使いこなしてセンスアップし…

  3. 販売員さんを味方につけると、ショッピングはもっと楽しくなる

  4. 「似合う色を取り入れたい」 ショッピング同行事例紹介 K様4…

  5. コーディネートが苦手な人にも。「私服の制服化」

  6. 「選ばれる」プロフィール写真を撮るための5つのポイント

  1. 2024.06.14

    7月までのお申し込みについて

  2. 2024.06.14

    自然体でおしゃれ、が、一番難しい

  3. 2024.06.12

    診断受けてもおしゃれになれない人は、なりたいイメージを決…

  4. 2024.05.28

    おしゃれをすることを「自分に許す」と、いうこと

  5. 2024.05.22

    お客様に聞いた パーソナルカラー診断を受けて良かった事

  1. 2022.06.30

    服を買いに行く前に!働く女性のファッションはコンセプトが…

  2. 2022.06.15

    センスに自信がない人は、シンプルなものを選ぼう

  3. 2021.11.30

    ショッピングに行く前に、知っておきたいおしゃれ迷子なあな…

  4. 2021.11.10

    「似合う」の先に「おしゃれ」がある。似合うものがわかると…

  5. 2021.06.17

    特別企画 お客様インタビュー:ショッピング同行編

MTWTFSS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

お問い合わせはこちら