黒い服好きですか? 自分に似合う黒を知ろう

若い頃、似合っていたはずなのに、大人になると似合わなくなる色。

それが、黒です。

黒はお顔に影を作り、法令線やくま、シミなどを際立たせます。
若い頃は、あまりお肌にダメージはありません。でも、年齢と共に、ちょっと気になる要素が出てくる人は多いです。
そんな人にとって、黒は顔を老けて見せる怖い色なんです。

「何にでも合わせやすい」
「無難」
「ちゃんとして見える」
「着痩せする」
いろんな理由で、黒を選ぶ人は多いです。

どうせ着るなら、あなたに似合う黒を選びませんか?

いろいろな黒

ファッションは、色と形と素材でできています。
色を黒と決めても、形(シルエット)や素材の選び方一つで印象が変わります。

・上品に見せたい
・かっこよく見せたい
・可愛く見せたい
・セクシーに見せたい

日常でドレスを着ることは、ありませんが、ニットやカットソー一つにしても、どんな黒を選ぶのか、自覚的になってみましょう。

柄で選ぶ

柄も大事ですね。チェック・ストライプ・ドット。あなたはどれが似合いますか?
柄よりも無地の方が似合う?

実は、似合う柄は、あなたのお顔のパーツの形で決まります。
例えば、目が丸くぱっちりしている人と、切れ長でスッキリしている人とでは、目が丸い人の方がドットが似合います。

素材で選ぶ

お洋服には、様々な素材があります。
冬はウールやコーデュロイ、夏はリネンなど、季節で変わることもあれば、コットンやポリエステルなど、一年を通じて売られるものもあります。
素材で注目してもらいたいのは、ツヤのあるなしや、厚みです。
サテンやベロアのようなツヤ感のある素材が似合う人は、リネンのような素朴な素材は似合いにくいです。
また、シフォンのような薄い素材が似合う人、デニムのような厚みのある素材が似合う人と、様々です。
素材の似合う・似合わないは、肌質や骨の厚みで変わります。

似合う黒を探すには?

とにかく、着てみること!

黒に限らず、似合うファッションを探す基本は、いろんな服を着てみることです。
それか、パーソナルカラー診断とパーソナルスタイル診断を受けると似合うものがわかります。

パーソナルカラー診断で、残念ながら黒が似合わないと診断されても、似合う色と組み合わせたり、似合う素材を使うことで、上手に着ることができます。

わたしも黒が似合いません。
でも、先日、実は黒にワンピースを買ってみました。

今後、黒の似合わせコーディネートをやってみるつもりです。
また読みにきてくださいね。

関連記事

  1. スカーフを巻いたほうがいい5つの理由

  2. 自己診断は難しい。自分と向き合って、似合うものを探す3つのコ…

  3. 知らなきゃ損? コーディネートに役立つ配色の基本

  4. 秋のおしゃれ強化月間(4)帽子は慣れと気合

  5. 秋のおしゃれ強化月間(2)スカーフのアイデア

  6. 靴で消耗していませんか? 足に合う靴の選び方

  1. 2023.02.01

    紫色と合う色は? この春やってみたい紫の配色

  2. 2023.01.25

    配色を考えよう!〜実は簡単・配色のルール〜

  3. 2023.01.22

    1月〜3月のお申し込みについて

  4. 2023.01.18

    おしゃれでシンプルなコーディネートは、足し算引き算から生…

  5. 2023.01.11

    好きだけど似合わない色を着る3つの方法

  1. 2022.06.30

    服を買いに行く前に!働く女性のファッションはコンセプトが…

  2. 2022.06.15

    センスに自信がない人は、シンプルなものを選ぼう

  3. 2021.11.30

    ショッピングに行く前に、知っておきたいおしゃれ迷子なあな…

  4. 2021.11.10

    「似合う」の先に「おしゃれ」がある。似合うものがわかると…

  5. 2021.06.17

    特別企画 お客様インタビュー:ショッピング同行編

MTWTFSS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28

お問い合わせはこちら