カラーリストの非日常。横浜と東京に行きました

9月末は、横浜と東京へ。

横浜に新しくできた、Kアリーナのゆずライブと、

東京の国立新美術館で開催中のイヴ・サンローラン展に行ってきました。

Kアリーナは2万人収容の世界最大級の音楽専門アリーナ。柿落としのゆずライブ『HIBIKI』が、3日間にわたって開催されました。
わたしは、Day2とDay3を楽しみました。
縦に広さのあるホールは、埼玉スーパーアリーナみたいな感じ。

1日目の座席は、レベル7。天井桟敷で、凹んだのですが、レベル7でも、音の跳ね返りがなく、また、ステージ全体が見渡せて、結構よかったです。
今回のライブは照明もとても素敵で、印象に残りました。

3日間それぞれにイメージカラーがあり、Day2は赤。
赤いライブTシャツ以外に、コカコーラのTシャツを着てる人がいたりと、みんなが色を楽しんでいる様子もよかったです。

2万人収容なので、帰りは規制退場、駅までは結構時間がかかります。遠征組は帰りの新幹線の時間に注意ですね。
Kアリーナの横はヒルトンホテルで、あそこに泊まれたらめっちゃ楽やろうな、と、思いました。

国立新美術館は、乃木坂にあります。乃木坂と六本木が近いことを初めて知りました。
東京は美術館がたくさんありますね。

春のディオール展に比べると、コンパクトな感じがしましたが、十分楽しめました。
ピーコートやサファリジャケット、トレンチコート、タキシードなどなど、サンローランが「女性のファッション」にしてきたものが、たくさsんあります。
今では当たり前なんですけど、これらのものを女性が着るようになったのは、ここ数十年のことなんですよね。
「流行は変わるけど、スタイルは永遠」という言葉どおり、どの服を見ても、古臭さが一切なく、「こういう服を着てみたいなあ」と、思いました。

刺繍やフェザー(羽)の職人さんの手仕事が素晴らしく、日本の着物もそうだけど、合理化やコストダウンの中で、こういった技術が失われていくのは、非常に惜しいなと感じました。

わたしは、ゆずとファッションが、20代の頃からずっと好きです。
あなたは、何が好きですか?

ディオール展の感想はこちら。

関連記事

  1. おしゃれのいろはのおしゃれ遊び(秋)コーディネート選びのポイ…

  2. アラフィフに必要なのは、ダイエットでなく生活改善

  3. おしゃれのいろはのおしゃれ遊び

  4. ショッピング同行でできること

  5. パーソナルスタイリストが今年買って良かった服

  6. お客様に寄り添うこと。わたしのショッピング同行

  1. 2024.05.22

    お客様に聞いた パーソナルカラー診断を受けて良かった事

  2. 2024.05.19

    簡単!服の選び方でスタイルアップする4つの方法

  3. 2024.05.15

    6月までのお申し込みについて

  4. 2024.05.11

    運動嫌いのアラフィフが、半年間カーブスに通った結果

  5. 2024.05.08

    GWのお出かけ・福田平八郎展へ

  1. 2022.06.30

    服を買いに行く前に!働く女性のファッションはコンセプトが…

  2. 2022.06.15

    センスに自信がない人は、シンプルなものを選ぼう

  3. 2021.11.30

    ショッピングに行く前に、知っておきたいおしゃれ迷子なあな…

  4. 2021.11.10

    「似合う」の先に「おしゃれ」がある。似合うものがわかると…

  5. 2021.06.17

    特別企画 お客様インタビュー:ショッピング同行編

MTWTFSS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

お問い合わせはこちら