守れ自分!老化を防ぐ紫外線対策

もう梅雨ですね。梅雨がおわれば夏本番です。
夏といえば紫外線。
実は紫外線は年中降りてると言われますが、それでもこの時期、気になる人は多いのではないでしょうか。
あなたは、紫外線対策、出来ていますか?

紫外線に種類があるの知ってますか?

私たちが日常生活で浴びている紫外線には、UV-A・ UV-Bという2種類があります。

UV-A

地上の紫外線の約9割を占め、皮膚の表面(表皮層)を通過し、皮膚の奥にある真皮層まで届きます。
タンパク質を変性させシワやたるみを作ったり、メラニン色素を酸化させてシミに変化させます。

UV-B

あらゆる方向から肌に届いて、皮膚の表面(表皮層)を攻撃します。。
日焼けの原因であるメラニンを生成したり、DNAにダメージを与えてターンオーバーを阻害したり、皮膚ガンの原因になったりします。

SPFとPA

日焼け止めのパッケージに書いてある、SPFとPAの意味を知っていますか?
PAは、UV-Aを抑える効果を表す指標、
SPFはUV-Bを抑える効果を表す指標です。

PA値は+で表され、+が多いほど効果が高くなります。
SPF値は数字で表され、数字が大きいほど効果が高くなります。

どういう基準で選ぶの?

日常生活・買い物などの短時間の外出
SPF10〜20 PA+〜++

屋外での軽い運動・レジャーなど
SPF20〜30 PA++〜+++

炎天下での運動・マリンスポーツなど
SPF30〜50 PA++〜PA++++

紫外線の強さや外出の時間によって、日焼け止めの強さを選びましょう。
長時間外にいる場合汗などで流れるので、まめに塗りなおすことが必要になります。
また、数値が高いほど肌荒れの原因となる場合があります。肌が弱い人は、敏感肌用の日焼け止めを使ってくださいね。

日焼け止めの種類

日焼け止めにはいろいろな種類がありますね。
用途や肌の状態に合わせて選ぶことをお勧めします。

ちなみに、思ったよりたっぷり塗らないと効果がないですよ。1ヶ月で1本使い切るのが目安だそうです。

クリーム

保湿力が高く、乾燥肌の人向けです。
また、防水性が高く落ちにくいため、化粧下地として使いやすいです。
ただし、油分が多く落としにくいので、専用のクレンジングが必要な場合もあります。

ミルク・乳液

刺激が弱く、敏感肌の人におすすめ。
メイク前の下地としても使えるものが多いです。
伸ばしやすく白浮きしにくいものが多いです。

ローション

肌に最も優しいタイプです。
SPF値が低いので効果は薄く、また、落ちやすいです。短時間の外出向け。

ジェル

ベタつかず伸びがいいのが特徴です。
刺激が強い成分を使っているものが多いので、敏感肌の人は注意してください。

スプレー

手軽でさっぱりとした使用感です。
塗りにくい場所にも簡単に濡れます。
ただし、周りに飛び散ることがあったり、塗りムラができやすいです。

パウダー

メイクの上から使えるので、メイク直しにおすすめ。
パウダーだけでは残念ながら日焼け止めの効果は薄いです。

日傘について

日傘を使っている人も多いと思います。
わたしも紫外線カット99パーセントというのを数年前買いました。
ところで、日傘ってどのくらい持つのでしょう。

一般的な日傘は、生地に紫外線吸収材を浸透させたり、紫外線散乱剤を吹き付けて加工したものです。
時間とともに UVカット効果が薄れていくので、寿命は2,3年といわれています。
UVカットスプレーを使うとある程度効果を復活させることができます。

最近はUVカット素材を用いた、効果がなくならない日傘というのも作られています。これは、傘の繊維の中に紫外線を吸収・散乱させる効果のある素材を練りこんだものです。
SNSで人気なのは、サンバリア100と、芦屋ロサブロン
私も買い換えるのなら、このどちらかかな? と、思ってます。

サングラスについて

近年、目からも日焼けするということが言われていますね。
それは、目から日差しが入ることで、脳が「強い日差しが入ってきたからブロックしなくては」と、肌を守るため、メラニン色素が作られるからです。

UVカットの効果

目から入る紫外線対策にはサングラスが有効です。
眼鏡屋さんで売られているサングラスは、基本的にUVカット機能がついています。
その際に大事なのは、UVカット率とUV透過率です。

お店やメーカーによって、「UVカット率99パーセント」とか、「UV透過率1パーセント未満」というように表示されています。

サングラスの色

レンズの色によって、目への影響が変わるのを知っていますか?
濃い色のサングラスをかけると、瞳孔が開いてしまうため、より多くの光を取り込んでしまいます。
ですから、濃い色のサングラスをかける場合、UVカット率が高いものを選びましょう。

ちなみに、最近は茶色だけでなく、いろいろな色のレンズがあります。
ファッションとして取り入れるのも楽しいですね。

日焼け止めサプリについて

最近、日焼け止めサプリというものをよく見かけます。
が、残念ながら飲む日焼け止めには日焼け防止効果はありません。
詳しく知りたい人のためにリンクを張っておきますね。

飲む日焼け止めの効果とFDAからの警告

特に、「明日海に行くから今日飲んでおこう」という風に飲んでも、効果は0だそうです。
紫外線は内側でなく、外側からガードするのがよさそうです。

日焼け後のケア

もし、海や山でうっかり日焼けをしてしまったら、まずは氷や冷水で火照りを冷やしましょう。
日焼け後の肌は、やけどしているのと同じ状態です。まず炎症を沈め、それから保湿ケアを。
パッティングしたり、肌に強い刺激を与えないようにしてくださいね。

おしゃれの疑問・お悩み募集中!

おしゃれについての疑問やお悩みはありませんか?
LINEから気軽にご相談くださいね。
お悩みは今後配信予定のメルマガで取り上げさせていただきます(掲載は匿名です)。

関連記事

  1. 夏休み旅行着まわし5日間!

  2. 夏でも着痩せ! 着痩せしたいあなたのための今すぐ着痩せする方…

  3. 賢いバーゲンセールの活用の仕方

  4. 選ばれるためのプロフィール写真を撮るための5つのポイント

  5. これで解決? 夏の冷え性問題

  6. 販売員さんを味方につけよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。