賢いバーゲンセールの活用の仕方

7月に入るとセールがはじまりますね。
あなたは何か買い物する予定はありますか?

今買っても10月くらいまでは暑いので、夏物を着ることができます。
実は去年くらいから、初夏からマスタードや茶色のような、秋色の服が出ています。
これは、夏に季節と違う色を着るのがちょっとおしゃれ、という流行ですが、今買って9月以降に着るのもいいと思います。

ぜひ、お得な買い物をしましょう。

セールで賢く買い物をするコツ

買う物を決めてから行く

買う物を決めてから行きましょう。
これがいちばん大事です。
なんとなく行って目に入った物を買っても、それは賢い買い物とは言えません。

サンダル、下着、来月着るワンピース・・・。

なんでもいいです。とにかく買う物を決めてから出かけましょう
もちろん、クローゼットの中をチェックするのはお忘れなく。
「持ってるものとそっくりの服を買ってしまった!」って、ことのないようにしましょう。

必ず試着する

試着はぜったいです。
試着しないくらいならセールに行かないほうがいいくらいです。

試着をした場合としなかった場合では、買い物の失敗が8割くらい防げます。
試着したら試着室から出て外の鏡を見てくださいね。

妥協しない

欲しいサイズや色がないと言われて、
「かわいいし、ちょっと大きいけど買っちゃおう」
「安いし、まあいいか」
なんて、ダメですよ。

ECサイトで残ってる場合もあります。確認してみましょう。
なかったら縁がなかったと諦める。それがセールです。

割引率で判断しない

「あっちのショップは30パーセントオフだったのに、こっちのショップは半額!」

と、割引率を見て飛びつくのはやめましょう。
もちろん予算もありますね。でも、セールでは1着でも多く、1円でも安く買ったほうが勝ちというルールはありません。
定番の形のものや、質のいいものは値下げされにくいです。
でも、そちらのほうにこそ、買う価値があるかもしれません。

セールの基本は「もし定価だとしても欲しいものを買う」「いつもは高くて手が届かないブランドのものを買う」です。

迷ったら買わない

迷ったら買わないというのは、すごくシンプルなルールです。
買う物は本当に欲しい物だけ。
「せっかく着たから」とか、「たぶん着るから」で買ってしまうと、タンスの肥やしを増やすだけです。

もし、何も買う服がなければ、食器やシーツ、美味しいケーキなど、服以外の必要品を買って帰りましょう。

日頃が大事

セールでいい買い物をするためには、実は日頃の洋服との付き合い方が大事です。
自分のワードローブを把握できていると、今何が必要なのかちゃんとわかっています。
また、自分に似合う物や、自分の好きな物を置いている店を知っていると、セールでも迷いません。

買い物に時間を使いたくない人は特に、事前の準備が大切です。
せっかくのセール、楽しいお買い物をしてくださいね。

おしゃれの疑問・お悩み募集中!

おしゃれについての疑問やお悩みはありませんか?
LINEから気軽にご相談くださいね。
お悩みは今後配信予定のメルマガで取り上げさせていただきます(掲載は匿名です)。

 

関連記事

  1. これで解決? 夏の冷え性問題

  2. 守れ自分!老化を防ぐ紫外線対策

  3. 夏休み旅行着まわし5日間!

  4. あなたは大丈夫? 薄着の季節に見直したい下着のこと

  5. スペインのブランド、あなたはいくつ知っていますか?

  6. 選ばれるためのプロフィール写真を撮るための5つのポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。