似合う服は着回せなくてもいい

お洋服のコーディネートのお悩みでよく聞くのが、「着回せない」ということ。
買った時のセットで着ていて、あとは何と組み合わせていいかわからないということです。

着まわしは3パターンで考える

服を買う時は、3パターンの着まわしを考えるといいです。
たとえば、イエローのカットソーなら、ネイビーのスカート、カーキのスカート、茶色のパンツという具合に。

3パターンならけっこう簡単だと思います。
カラー1色+ベーシックカラー2色の3色配色なら、配色に悩むこともありません。

3パターンの着まわしが考えられない場合、あなたのクローゼットに、ベーシックカラーのお洋服がないか、ベーシックな形の服がないかだと思います。

ベーシックがない人は着まわしを考えない

あなたのお仕事にもよりますが、個性的な服が好きで、毎日出かけなくていい場合は、着まわしを考えなくていいです。
たとえば普段は家で仕事をしていて、時々ランチ会や交流会に出かけるような人はこれにあたります。
また、毎日違うクライアントさんと会う人もそうですね。週に何度同じ服を着ていてもばれません。

その場合、常にベストなコーディネートを着るようにしましょう。

そのほうがきっとあなたらしいです。
下手に着まわしを考えると、お洋服の良さを消してしまうかもしれません。

着まわし出来たほうがいい人

毎日同じオフィスに出勤する、OLさんなどは着まわしが出来たほうがいいです。
毎日同じメンバーで顔を合わせると、いくら気に入っていたとしても、週に2度3度同じコーディネートをしているのは、ちょっと気恥ずかしいかもしれません。

その場合は、自分にとってのベーシックカラーやベーシックなアイテムを決め、クローゼットの軸を作りましょう。
わからない場合、お気軽に相談してくださいね。

また、そんな人も、お出かけやデートのためのベストコーデを別に持つと楽しいと思います。

おしゃれの疑問・お悩み募集中!

おしゃれについての疑問やお悩みはありませんか?
LINEから気軽にご相談くださいね。
お悩みは今後配信予定のメルマガで取り上げさせていただきます(掲載は匿名です)。

 

 

関連記事

  1. 今年こそおしゃれになりたいあなたが今やれること

  2. シンプル&カジュアルを「地味」「手抜き」に見せない…

  3. 大人はユニクロだけでおしゃれになれない

  4. 似合う帽子の選び方

  5. スペインでお洒落について考えてみました

  6. 夏の結婚式に参列する時に気をつけたいこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2020.10.22

    「”ステージをあげる服”に出会えたことは衝撃で『この服を…

  2. 2020.10.18

    母娘でパーソナルカラー診断 事例紹介 Kさま(50代)・…

  3. 2020.10.16

    「ネット購入ばかりの私でも試着して納得して購入できるなら…

  4. 2020.10.09

    「服はあるけど、着るものがないと思っている人にお勧めした…

  5. 2020.10.08

    「手持ちの服の整理や次に買いたい服までサクサクとイメージ…

  1. 2020.01.05

    脱マンネリ!小物でコートの印象を変える方法

  2. 2019.06.21

    夏でも着痩せ! 着痩せしたいあなたのための今すぐ着痩せす…

  3. 2019.06.17

    永遠の憧れ? パリジェンヌスタイルについて考えてみた

  4. 2019.06.06

    靴で消耗していませんか? 足に合う靴の選び方

営業カレンダー 緑:ご予約可能日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お問い合わせはこちら