お盆過ぎたら秋ですか? 色から取り入れる季節感

9月のパナソニックセンター様でのイベントは、両日とも満席となりました。ありがとうございます。

さて、毎日暑いのに、実は暦の上ではもう秋です。なんと、秋の始まりと言われる立秋は8月8日なんです。
お盆が終わり、カレンダーが9月に近づくと、気温が変わらなくても、なんとなくもう真夏とはいえなくなりますね。

この時期オススメなのが、色を秋に変えることです。

夏の色

真っ白・鮮やかな色・明るくて涼しそうな色が、夏を代表する色です。
特に真っ白は秋にはちょっと季節がずれて見えるので、生成りなどのニュアンスのある白に変えるといいですね。

秋の色

生成り・深みのあるナチュラルカラー・混じり気のあるグレイッシュな色が秋の色です。
紅葉の色をイメージするといいと思います。
今、お洋服屋さんに行くと、そのような色ばかりが並んでいます。

今年は特にブラウン

ブラウンこと茶色は、秋の定番ですね。今年は特にブラウンです。今発売のファッション雑誌の表紙を見れば一目瞭然。ブラウンブラウンブラウンです。

実はブラウンが似合う人は少ない

ブラウンは、顔に映える人が少ない色です。特に黄みの強いブラウンには、顔を黄ばませる効果があります。また、暗い色は顔色を暗く見せます。
パーソナルカラーでいうと、ブラウンが似合うのは、イエローベースの深みのある色が似合う人。春夏秋冬の4シーズンでいえばオータムさんです。
パーソナルカラーについてもっとよく知りたい人はこちら。

ブラウンが似合いにくい人は、黄みを感じないこげ茶色を選ぶ、下半身に着るなどの工夫をしてください。
特にブルーベースさんは赤みの茶を選びましょう。

ブラウンの配色

ブラウンはベーシックカラーなので、基本的に何色とでも合います。

イエローベースの色どうしで組み合わせる。

ブルーベースの色どうしで組み合わせる。

ということを意識すると、失敗が少ないです。

人気の色、カーキ

カーキ色は、一年を通して人気の色ですが、やはり秋をイメージさせますね。
これまたオータムさん以外は、トップスに着るのは難しい色です。

カーキが老けて見える人は、こんな風に顔から離して着るようにしましょう。
ちなみに写真の配色は、ブルーベースでも明るくニュアンスのある色が似合う人向けです。カーキの中でもグレイッシュなものを選ぶとブルーベースさんでも着やすいです。

マスタードイエロー

マスタードイエローは黄色を少し暗くしたような色です。
この色は特に、オータムさん以外がトップスで着るのは難しいです。
見てのとおり、黄みが非常に強い色だからです。

黄みの強い色は、血色をよくする色です。
一方で、ブルーベースさんは肌から血色を引いた方が綺麗に見えます。
そんなわけで、ブルーベースさんのお肌とは馴染みにくいです。もし、取り入れるとするなら、小物などの少量使いがおすすめです。
イエローベースでも、暗い色やまじりけのある色が苦手な人、黄みが強すぎる色が苦手な人は、ボトムスで着るのがいいでしょう。

自分の得意な色の特徴を知っておく

パーソナルカラー診断を受けると、自分の得意な色の特徴がわかります。

4シーズン分類なら、スプリングとオータムがイエローベースさんです。黄みの入った暖かい色が似合います。
スプリングさんは、派手な色や明るい色、クリアーな色
オータムさんは、落ち着いた色や暗い色、混じり気のある色
が、似合います。

サマーとウインターがブルーベースさんです。青みの入ったクールな色が似合います。
サマーさんは、落ち着いた色や明るい色、混じり気のある色
ウインターさんは、派手な色や暗い色、クリアーな色
が、似合います。

ところで、似合う色というのは、4タイプにぴったり別れるものではなく、「スプリングにもサマーにも似合う色がある」というようなことがあります。スプリングとサマーの共通点は「明るい色」です。

Iroha Colorのパーソナルカラー診断は、シーズンの分類をせずに、あなたに似合う色の特徴を診断しています。

おしゃれの疑問・お悩み募集中!

今日の記事はいかがでしたか?
「こんな内容で書いて欲しい!」というリクエストをお寄せください。

また、おしゃれについての疑問やお悩みはありませんか?
LINEから気軽にご相談くださいね。
お悩みは今後配信予定のメルマガで取り上げさせていただきます(掲載は匿名です)。

関連記事

  1. シンプル&カジュアルを「地味」「手抜き」に見せない…

  2. Tシャツが似合わなくなったら

  3. パーソナルカラーって? 診断で何がわかるの? いまさら聞けな…

  4. おしゃれの秋のアイデア。「ひとつだけ変えてみる」

  5. おしゃれな服を着てもおしゃれになれない理由

  6. 冬こそ着痩せしたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。