母娘でパーソナルカラー診断 事例紹介 Kさま(50代)・Iさま(20代)

先日、母娘さまでパーソナルカラー診断&パーソナルスタイル診断を受けてくださったのが、KさまとIさまです。

①パーソナルカラーは、歳をとると変わりますか?

Kさまは20年ほど前に、パーソナルカラー診断を受けたことがあるそうです。
その時の診断結果は4シーズン分類のスプリングさん。イエローベースの明るい色や鮮やかな色がお似合いのタイプです。
さて、今回の結果は?

20年前と同じくイエローベースの色がお似合いでした。
パーソナルカラー診断はアメリカ生まれです。日本にはちょうどバブルの頃に入ってきました。
その当時は、「パーソナルカラーは一生変わりません」と、言われていたそうです。
今は、年齢を経ると変わる場合もあるとされています。
特に、イエローベース・ブルーベースのベースカラーが変わらなくても、似合う色の種類が変わります。
「黒が似合うはずだったのに、似合わなくなってきた」とか、「若い頃は派手な色を着ていたのに、最近色に負けてしまう気がする」と、いうようなことは、皆さんも心当たりがあるかもしれません。
似合う色が変わるのは、加齢と共にお肌の色や質感が変わるからです。髪の毛の色もだんだんと、白髪まじりになったり、色が抜けてきたりしますよね。それと同じです。

②親子では似合う色も同じですか?

親子は似ると言われますが、似合う色も同じでしょうか?
それは、親子であっても、全く同じにはなりません。

Kさまはイエローベースの明るい色、いわゆるパステルカラーが特にお似合いでした。
一方のIさまは、イエローベース〜ニュートラルベースのビビッドカラーとダークカラーが特にお似合いでした。Iさまは20代とお若いので、似合う色の範囲が広かったです。

③ペア診断のメリット・デメリット

これまで、母娘さま以外にも、ご夫婦やご姉妹、お友達同士などで診断に来られた人がいらっしゃいます。
ペア診断のメリットは、「自分のことよりも、人のことの方が客観的に見ることができる」と、いうことです。
お連れさまがどんな風に似合っているか観察したり、お家に帰ってからお互いにアドバイスしあったりと、診断の楽しみが広がります。
お二人も、診断中とても楽しそうにされていました。

一方で、仲の良いご姉妹やお友達同士であっても、「人と比べられることが苦手」な人は、お一人で来られた方がいいかもしれません。
自分の好きな色が、お連れさまの方が似合うと、悲しい思いをするかもしれないからです。

ただいま11月のご予約を受け付けております。下記のカレンダーをご参照の上、お申し込みフォームまたは、LINEよりお申し込みください。

関連記事

  1. 「手持ちの服の整理や次に買いたい服までサクサクとイメージが出…

  2. お子さんの入学式、何を着る? 事例紹介もりもとあいさん(30…

  3. 事例紹介 Hさま(40代)

  4. 特別企画 お客様インタビュー:ショッピング同行編

  5. 服に自信がないと、自分に自信がなくなる。あるお客様の話。

  6. 「”ステージをあげる服”に出会えたことは衝撃で『この服を軽々…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
  1. 2021.10.19

    ペットにもパーソナルカラー

  2. 2021.10.16

    コーディネートが苦手な人にも。「私服の制服化」

  3. 2021.10.15

    お申し込みについて(10月・11月)

  4. 2021.10.13

    「長く着られる服」って、どんな服?

  5. 2021.09.27

    スカーフを巻いたほうがいい5つの理由

  1. 2021.06.17

    特別企画 お客様インタビュー:ショッピング同行編

  2. 2021.02.12

    似合うのはどちら? パーソナルカラーは、あなたの魅力を引…

  3. 2020.01.05

    脱マンネリ!小物でコートの印象を変える方法

  4. 2019.06.21

    夏でも着痩せ! 着痩せしたいあなたのための今すぐ着痩せす…

  5. 2019.06.17

    永遠の憧れ? パリジェンヌスタイルについて考えてみた

MTWTFSS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

お問い合わせはこちら