母娘でパーソナルカラー診断 事例紹介 Kさま(50代)・Iさま(20代)

先日、母娘さまでパーソナルカラー診断&パーソナルスタイル診断を受けてくださったのが、KさまとIさまです。

①パーソナルカラーは、歳をとると変わりますか?

Kさまは20年ほど前に、パーソナルカラー診断を受けたことがあるそうです。
その時の診断結果は4シーズン分類のスプリングさん。イエローベースの明るい色や鮮やかな色がお似合いのタイプです。
さて、今回の結果は?

20年前と同じくイエローベースの色がお似合いでした。
パーソナルカラー診断はアメリカ生まれです。日本にはちょうどバブルの頃に入ってきました。
その当時は、「パーソナルカラーは一生変わりません」と、言われていたそうです。
今は、年齢を経ると変わる場合もあるとされています。
特に、イエローベース・ブルーベースのベースカラーが変わらなくても、似合う色の種類が変わります。
「黒が似合うはずだったのに、似合わなくなってきた」とか、「若い頃は派手な色を着ていたのに、最近色に負けてしまう気がする」と、いうようなことは、皆さんも心当たりがあるかもしれません。
似合う色が変わるのは、加齢と共にお肌の色や質感が変わるからです。髪の毛の色もだんだんと、白髪まじりになったり、色が抜けてきたりしますよね。それと同じです。

②親子では似合う色も同じですか?

親子は似ると言われますが、似合う色も同じでしょうか?
それは、親子であっても、全く同じにはなりません。

Kさまはイエローベースの明るい色、いわゆるパステルカラーが特にお似合いでした。
一方のIさまは、イエローベース〜ニュートラルベースのビビッドカラーとダークカラーが特にお似合いでした。Iさまは20代とお若いので、似合う色の範囲が広かったです。

③ペア診断のメリット・デメリット

これまで、母娘さま以外にも、ご夫婦やご姉妹、お友達同士などで診断に来られた人がいらっしゃいます。
ペア診断のメリットは、「自分のことよりも、人のことの方が客観的に見ることができる」と、いうことです。
お連れさまがどんな風に似合っているか観察したり、お家に帰ってからお互いにアドバイスしあったりと、診断の楽しみが広がります。
お二人も、診断中とても楽しそうにされていました。

一方で、仲の良いご姉妹やお友達同士であっても、「人と比べられることが苦手」な人は、お一人で来られた方がいいかもしれません。
自分の好きな色が、お連れさまの方が似合うと、悲しい思いをするかもしれないからです。

ただいま11月のご予約を受け付けております。下記のカレンダーをご参照の上、お申し込みフォームまたは、LINEよりお申し込みください。

関連記事

  1. 「ネット購入ばかりの私でも試着して納得して購入できるならとお…

  2. 「色選びの幅が広がり嬉しかったです」事例紹介 Fさま(20代…

  3. 「手持ちの服の整理や次に買いたい服までサクサクとイメージが出…

  4. 事例紹介 Yさま(30代)

  5. 「すごく贅沢な時間でした」 事例紹介 Yさま(30代) ブロ…

  6. 「”ステージをあげる服”に出会えたことは衝撃で『この服を軽々…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。