「色選びの幅が広がり嬉しかったです」事例紹介 Fさま(20代)

先月パーソナルカラー&パーソナルスタイル診断に来てくださったF様から感想をいただきました。
ありがとうございます。


1度ブルベ夏と診断されたことで黄みのある色を避けがちになったのですが、くすみカラーを着ると地味になったりして、何となくしっくりきていませんでした。

今回改めて見ていただきニュートラルベースということが分かって、色選びの幅が広がり嬉しかったです。ピンクやイエロー、クリアな色は着てみたいけど避けていた色だったので、それによって血色や元気さを演出できることは目から鱗でした。
また、自分の肌が色の影響を受けやすいタイプだと分かったことも面白い発見でした。
青白い肌だと言われることが多かったのですが、青っぽく見えていたのは自分がブルーベース系の色を選んでいたからかもしれません。

色の影響を受けやすいのを活かして、健康的に見せたいとき・キリッと見せたいとき等に合わせた色選びをしていけたらと思います。

今回はお世話になり、ありがとうございました!
また分からなくなったらファッション同行もお願いしてしまうかもしれませんが、その時はよろしくお願いします。


パーソナルカラー診断が2回目だというFさまは、YouTubeでグラデーションカラースケール®️を知って、兵庫県でグラデーションカラースケール®️を使った診断が受けられるirohacolorを探して来てくださいました。ありがとうございました。

最近は雑誌・YouTube・インスタグラムなど様々なメディアでパーソナルカラー診断が取り上げられています。
その中でも、「あえて4シーズンのタイプ別に分けない」という考え方は、初めてパーソナルカラー診断を受ける人はもちろん、再診の人にも「わかりやすい」と好評です。
パーソナルカラーは、あなたのおしゃれの幅を狭めるものでなく、広げるためのものです。
似合う色が知りたくなったら、ぜひ診断を受けに来てくださいね。

関連記事

  1. 母娘でパーソナルカラー診断 事例紹介 Kさま(50代)・Iさ…

  2. 「手持ちの服の整理や次に買いたい服までサクサクとイメージが出…

  3. 事例紹介 Hさま(40代)

  4. 事例紹介 Yさま(30代)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。