おしゃれをすることを「自分に許す」と、いうこと

最近X(Twitter)で、こんなポストを見かけました。

おしゃれする最初の一歩に「自分を許す」段階があるのマジなんだよな

あなたは、おしゃれをする許可を、自分に出してますか?

ネガティブだった10代

わたしは生来、単純で楽天的な人間です。

でも、思春期を拗らせて、10代の頃はめっちゃネガティブだったんですよね、
ファッション雑誌を見るのは大好きだったけど、一方で、
「わたしなんかがおしゃれしても」って、思ってました。

背が高いわたしに、当時のプチプラはなんだか丈が足りないものが多かったし、
憧れていた『Do! Family』の小花柄のブラウスや、レースのついたナチュラルなワンピースなどは、
どう考えても、色白で小柄な友だちの方が似合いそうでした。

わたしの高校生時代は、いわゆる「女子大生ブーム」と「女子高生(コギャル)ブーム」の谷間でした。
3歳違いの妹は、高校時代はアムロちゃんファッションだったけど、わたしの時代は、まだルーズソックスも存在してなかった。

そんな中、出かけるときはいつもジーンズにGAPのTシャツみたいな格好をしていました。
足が太いのもコンプレックスだったので、制服以外でスカートを履くことは、ほぼありませんでした。

自分のマイナス面ばかりが気になって、まさに自分に許可を出せていなかったんです。

ある日突然気づいたこと

大学生になって、私服になっても、何を着ていいかわからない状態でした。
わたしが通ってたのは、華やかな女子大でした。
当時すでにバブルは弾けていたものの、ブランドバッグをみんな持ってるような状態で、
今思うと、その中で、何着てたんだろう・・・、と思います。

覚えてるのは、黒のスラックスに白のブラウスとか、あとはジーンズに黒のハイネックとかですね。
超無難。そして足は出さない。

そんなわたしですが、ある日突然、
「今、この瞬間が一番若いのでは?」
『今、スカートを履かずして、いつ履くの?」と、思ったんです。

そこで、通販で黒の小花柄のスカートを買いました。
実店舗で買うのは店員さんが怖かったからです(笑)

足を出すのはめっちゃ抵抗あったけど、誰一人、
「あんた、そんな太い脚出してどうしたの?」
なんて、いうひとはいませんでした(当たり前)

自分が思うほど、みんな他人のことに関心はないんですよね、
特に、自分がコンプレックスだと思ってる点について(例えばそばかすとか)、他人はさほど何も思ってません。

それに気づいて、ようやく、自分におしゃれをする許可が出せたように思います。

とはいえ、自分に何が似合うかなんてわからないし。
自分の見た目は全然好きじゃないし。
おしゃれなショプの店員さんは怖いし。
高い服を買う勇気もないし。

大学生時代は、結構迷走していました。

ただ、ちょっと頑張っておしゃれをすると、必ず誰かが褒めてくれるんですよね。
人から褒められることって、なかなか無いので、すごくうれしかったです。

髪を切ったら世界が変わった

それまでずっと長かった髪を切ったのは、4回生も終わりの頃です。

同じように長い髪の友だちがショートにしたら、めっちゃ可愛くて。
影響を受けて切りました。

そしたら、「それまでのわたしの人生は何だったのだ」と、いうくらい、周囲の老若男女からの評判が良かったんです。

見た目が変わると、周りからの評価って、こんなに変わるんだな、と。

もちろん、人間中身が重要だけど、見た目も同じくらい重要だな、と、感じました。

ショートヘアにすると、それまで半年に一回の美容室だったのが、こまめに通うことになります。
こまめに美容室に行くと、お金がかかりますよね。

でも、それは必要経費なのだ、と、初めて思うことができました。

自分を許す・認める

おしゃれに限らず、何かにつけ、自分を許して認めることができないと、前に進めないことってあると思う。

自己肯定感の低かったわたしは、就活でも躓きました。
20代は少しずつ、自分にOKを出せるようになるための、積み重ねの日々だったように思います。

もしあなたが今、自分を変えたい、と、思ってるのなら、
おしゃれすること、好きな場所に行くこと、あなたがあなたであること。
それらを、認めることからはじめてみてくださいね。

ご予約・お問い合わせ

関連記事

  1. 夏の結婚式に参列する時に気をつけたいこと

  2. おしゃれ迷子さんの、よくある4つの勘違いとは?

  3. 「服があるのに服がない」問題

  4. コーディネートが苦手な人にも。「私服の制服化」

  5. 実は簡単! 柄物のコーディネート

  6. 気分を変えたい!自分の服に飽きた時の4つのコツ

  1. 2024.06.14

    7月までのお申し込みについて

  2. 2024.06.14

    自然体でおしゃれ、が、一番難しい

  3. 2024.06.12

    診断受けてもおしゃれになれない人は、なりたいイメージを決…

  4. 2024.05.28

    おしゃれをすることを「自分に許す」と、いうこと

  5. 2024.05.22

    お客様に聞いた パーソナルカラー診断を受けて良かった事

  1. 2022.06.30

    服を買いに行く前に!働く女性のファッションはコンセプトが…

  2. 2022.06.15

    センスに自信がない人は、シンプルなものを選ぼう

  3. 2021.11.30

    ショッピングに行く前に、知っておきたいおしゃれ迷子なあな…

  4. 2021.11.10

    「似合う」の先に「おしゃれ」がある。似合うものがわかると…

  5. 2021.06.17

    特別企画 お客様インタビュー:ショッピング同行編

MTWTFSS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

お問い合わせはこちら